ホーム>スタッフブログ>当相談室の経緯⑩
スタッフブログ

当相談室の経緯⑩

~幼児虐待における日本のしつけは如何に~

 児童虐待が益々増えている現状は、厚労省の統計を見ても明らかです。そういう中で、特に虐待者である母親へのケアや被虐待者である子どもの心の傷を癒していくための支援が求められます。また、ケアや支援の必要性が叫ばれてはいるものの、その中心的役割を担っている児童相談所のみでは対応しきれていない現状があり、専門医療機関や保健所、行政、さらにはカウンセリングや地域社会の協力や連携が欠かせません。

 かつては、日本のよき伝統的育児法が脚光を浴びていたと思いますが、今では親の個人的問題やエゴで子どもを振り回す「しつけと称した行為」が虐待へと拍車をかけている点は見逃せません。また、親の育児の自信のなさによって、育児ノイローゼになってしまう社会環境があることにも注目したいと思います。本来、”しつけ”は社会で健康に生きていくための諸々の育成行為と思われますが、どうもこの点のサポート体制が親や地域でも脆弱になっているとも感じられます。

 「子どもしかるな、来た道じゃ」という格言どおり、どんな子どもでも、いくつになってもかわいいものです。しかも、子育ては一生涯のものです。ですから、家庭では「子どもに無条件の愛を捧げること」「許すこと」「理解すること」「受け入れること」「聞く姿勢」「命を大切にする心の育成」「叱責よりも肯定的姿勢」「思いやりの心」「社会的ルールの涵養」などが基本になって、自分の過去を振り返り、虐待に陥る自分に気づくことから癒しが始まると思われます。

 当相談室では、「虐待=暴力」と「しつけ」の明確な区別ができる相談を通してカウンセリングを実施し、虐待に関する情報を周知して自己を見つめ直す作業を繰り返していきます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamakou27.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/17

ページ上部へ