ホーム>スタッフブログ>当相談室の経緯⑬
スタッフブログ

当相談室の経緯⑬

ボランティア活動への誘い~だれでもできる、生きがいボランティア活動

 今回からは、自身の著書でもある(「ボランティア活動への誘い」2004.新生出版)からの抜粋を提示したいと思います。さまざまなボランティア活動がいたるところで実践され、この活動も一般化されています。私自身も本業のかたわらで、自分のできることをボランティアと称して実施してきています。この本のなかでは、ちょうど10年間続いて実践してきた”介助ボランティア”と、それにあわせて”ドイツでの介助ボランティア”を紹介しています。

 「多くの選択肢のなかにボランティア活動がある。特に阪神大震災を契機として、ボランティア活動の現実的意義と目的が叫ばれ、地域の自主的援助活動の一環として、重要な位置を占めて久しい。何も肩ぐるしいものではなく、人間として心底から湧き出る自然の発露(親切心)に過ぎない。しかも、大抵の苦労はどんなことでも付きまとうと言えども、この経験は大いに意義のあるものであることが自他ともに感じられる。」

 「10年間の私のボランティア活動も、さまざまなものが展開された。主として仕事が終わった、まだ時間的にも体力的にも余裕のある夕刻や土・日曜日をフルに活用しては、あちこちと走り回ってきたものである。今顧みれば、体力、気力、人への思い、役立とうという熱意、社会への強烈なアクションの連続であった。そのような目まぐるしくも、一種の充実した生活のなかで、10年もの長きに渡って継続し続けてきたものがある。身体的ハンディキャップを持っている人への介助ボランティアである。」

 「ボランティア活動は自主的に実践するものである。人から強制されて行うものではない。自分の熱意に従って、自分に合ったものを少しずつ、焦らずこつこつと自分のために行うものである。それが結果的に人のためになるものである。しかし、結果を得るために焦ってはならない。いかに継続するかが大事になってくる」

 「自分なりのボランティア活動を真摯に地道に展開し、現在のせせこましい生活のなかに、少しでもゆとりと活気をもたらし、見ず知らずの人と共に生きていることの喜びを体感したいものである。」

 上記は著書の”まえがき”の一部です。これからは、具体的な内容に入り、再考していきたいと思います。また、当相談室はボランティア活動の一環として実践していることも付け加えておきます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamakou27.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/21

ページ上部へ