ホーム>スタッフブログ>世相観⑥
スタッフブログ

世相観⑥

 大阪府富田林署に拘留されていた30歳の男が8月12日に逃走した事件で、9月29日、山口県警は男を窃盗容疑で現行犯逮捕し、大阪府警は加重逃走容疑で再逮捕しました(30日)。本当によかったですね。これも、市民の協力なしでは逮捕できなかった事案でした。警察と市民が一体となり、相互協力体制を構築することで、社会の平和と安全が守られていくのですね。それにしても、若い彼の今後の人生は、刑務所生活で一生を終えるのでしょうか。それとも、更生して社会の一員となり、まっとうな人生を歩むことができるのでしょうか。彼一人では不可能でしょうが、周りの善良な人々の協力や惜しみない支援が期待されるのでしょうか。彼がどうしたいのか、どうすべきなのか、真摯に真剣に反省を重ね、自己開示することで、周囲の人々を納得させることができるのでしょうか。そうあってほしい訳ですが、彼にも家族や親族がいることでしょう。そういう方々に何を語ることができるのでしょうか。今回の事案で、何が彼を窮地に追い込んだのでしょうか。彼にしかわからないことですが、しっかりと真実を自白し、更生の道を歩んでいくことを願ってやみません。

 9月19日、仙台市の交番で、当直勤務中の33歳の巡査長が21歳の男子大学生に刃物で刺され死亡しました。別室にいた巡査部長が拳銃を3発発射し、大学生も死亡しました。大学生は落とし物を届けに来たなどと訪れ、両警察官が対応したようですが、何ゆえに交番の警察官を襲ったのでしょうか。そして、何をしたかったのでしょうか。拳銃を奪取し、自殺でもしたかったのでしょうか。この警察官に個人的な恨みなど、なかったものと察します。こういう事件では、往々にして「自暴自棄」という言葉が当てはまります。自己のどうすることもできない(就活・就職・人間関係・恋人に振られた・親との関係・・・)ことへのはけ口を、他人に転嫁するか、自己犠牲にするか、ということになります。彼は、拳銃を奪うことが目的ではなかったかと思います。その拳銃で一般市民を襲うことではなく、自己犠牲(自殺)に使用するためであったかもしれません。警察官の拳銃は、易々と奪うことができるものではありません。格闘があったものと思います。その際に彼は持っていたいたナイフで刺したようです。ナイフや拳銃に異常な興味があったのかもしれません。彼を怯えさせていたものは何であったのでしょうか。社会そのものであったのでしょうか。そこには、精神的な病が潜んでいたといえます。正常な判断もできず、事の善悪も判断できないような精神状態が垣間見られます。何かに、追い詰められていたに違いありません。それが何であったのか・・・今後の自供に注目したいと思います。それにしても、犠牲となった警察官やその家族がお気の毒です。ご冥福をお祈りいたします。最後に、彼には話を聞いてくれる友人や知人がいなかったのでしょうか。一人でも、いたならば事は違っていたことでしょう。非常に残念でなりません。人間、だれしもうまく事が運ばないで、悩んだり、不安を抱くことがあります。そういう時に、必要なのが友人です。親しい、自己の内をわかってくれる人がいれば、救われます。何かがあっても(起っても)、大事には至らなくてすむことになります。取り返しのつかないことにならないよう、日々の自己や生活そのものを見つめなおす努力を惜しんではならないでしょう。今日一日、いい日でありますように!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamakou27.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/34

ページ上部へ