ホーム>スタッフブログ>令和観⑥
スタッフブログ

令和観⑥

 どこからともなく、爽やかな秋めいた風が舞い降りてきます。実にすがすがしい思いになります。聞こえる虫の音も、セミの声からコオロギやスズムシの声に変化したり、青空のもとで、味覚や行楽を楽しむ時期となります。自然の移り変わりによって、心は爽やかでも、内外の出来事には、不安や心配・恐怖がよぎります。実にただ事ではない状況に驚かされます。

 9月も、いろいろな出来事が激動しています。政治的には、「待機児童が前年比3,123人減少、16,772人で過去最少、とはいえ減少しただけであって、いっこうになくならない、被害の子どもが多くいること、加害者も悩んでいること、対応する児相の職員も手間取っていること、連携と言いながらうまく機能できていないこと、減らすということよりも、何とかなくす手立てを真剣に迅速に考えていかないといけませんね」「少子高齢化の時代、100歳以上の高齢者が7万人超、はじめて7万人を突破、49年連続で過去最多を更新、ますます高齢者が増え、元気な高齢者がいるかとおもいきや、医療を必要とする高齢者も増加、生活・高齢者の居場所・介護・介助・高齢者虐待・社会保障・同居家族の抱える問題・8050問題・老老殺人・・・いろいろな問題が発生し、この対応が急務になりますね」、国際的には、「香港では大規模抗議運動のきっかけとなった逃亡犯条例の改正案撤回、さらに警察の導入や拳銃発砲で混乱極まりなくなっています、中国本土の意思が働き、どこまでも押さえつけようとの狙い、市民の抵抗と抑圧がどこまで続くのか、予断ができませんね」「韓国では、法相の新任命で混乱、悪いことにチョ氏の親族に不正入学などの疑惑が指摘され、検察の家宅捜査が開始、大統領と韓国検察との闘いも新発展、大きな国を揺るがす事件に発展しかねませんね」、経済的には、「韓国の訪日客が48%減少、日韓関係がこれだけ悪化している状況にあるだけに、当然といえば当然、歴史認識が違うとはいえ、国家間の外交上の合意に背く行為には断固抗議する必要があり、それを訴えていくことが大事、対話が必要とはいえ、易々と同意するわけにはいきませんね、政治や外交が経済に影響する要素は大きいといえますね」「関西電力との間で3.2億円の金品を授受、高浜原発がらみの秘密裡の行為、経営幹部20名と元助役との癒着、会社のコンプライアンス以前の問題、これだけの金品が動いているという現実、何と弁明するのでしょうか、脅迫・恫喝されて受け取った・・・、本当に経営者らしからぬ愚かで厳正な考えをお持ちでない人たちいるわけですね、情けないことですね」、社会的には、「池袋のホテルで女性殺人、大学生を逮捕」「目黒の虐待死で母親に8年の実刑、母親もDV被害を受けていたとはいえ、全面的に女児に責任を持たないといけませんね」「さいたま市で小4が死亡、義理の父親逮捕、しつけ・虐待・自己抑制不能、死亡・・・悪循環が殺人へと拍車をかけます」「茨城で両親殺害、子供二人は重軽傷、強い殺意、怨恨、平穏が一瞬にして狂気の海へと、何という残酷なことでしょうか、通常では考えられませんね」「山梨でキャンプ中の女児が行方不明、これほど捜索しても見つからないとは、連れ去りやどこかに転落したか、何かの痕跡があってもいいが、それもない、一体どこへ消えてしまったのか、どこかで無事にいればいいと思うのですが、時間も経過しています、ただただ無事を祈るしかありませんね」

 いろいろなことが起こります。いざという時のために、日ごろからの、それ相応の心構えが大事です。頭でシミュレーションしておくことです。失敗もあり、成功もあり、できるだけ失敗は避けたいものですが、うまくはいかないのが現実です。時には、反省や内省が功を奏するものです。落ち着いて、少しは手を抜きながら、コーヒーブレイクしながら、また一歩を踏み出していきましょう。

 

    ykカウンセリング&心理相談室

       代表  山田 幸一

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamakou27.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/49

ページ上部へ