ホーム>スタッフブログ>令和観⑭
スタッフブログ

令和観⑭

 新型コロナウイルスに関して、緊急事態宣言が各都道府県で段階的に解除され、全面解除になったのが5月25日でした。4月7日からの宣言発令からやっと解除されました。この新型コロナウイルスによる世界全体の死者数は30万人を突破、世界の累計感染者数も600万人を突破したとのことです。世界的に広がった新型コロナウイルスの脅威にも驚きますが、日本国内での死者の累計も500人を超え、感染者は15000人を突破しました。

 経済的にも、巣ごもり消費と言われるがごとく、旅行や自宅外消費も減少、しかしゲーム機の消費額は前年比2.7倍ということで、自宅内での娯楽に一役買ったことになります。訪日客は前年比99.9%減、輸出の大幅な落ち込み、これらには残念なことですが、当然納得できますね。

 社会的には、厚労省が国内初の新型コロナ感染症の治療薬として、抗ウイルス薬の「レムデシビル」を特例として承認しています。さらに、抗体検査のキットを承認、PCR検査に比して精度がやや落ちるようですが、迅速な判定が可能になるとのことで、喜ばしいことです。

 前述の宣言が解除されたものの、依然として都内では二桁の感染者が出ている現状があります。自宅待機、休業要請に忠実に従い、やっと解除されたわけですから少しは扉を開いて、自由を謳歌したいとはいえ、感染のリスクはどこに行ってもあるようです。新型コロナの怖さを見せつけられます。政府、専門家の言う「新生活様式」が真新しい言葉として登場しています。勿論、この判断や決定には従わないといけませんが、習慣化が大事であり、新しい生活様式が当たり前になることが期待されます。まだまだ慣れていかないのではないでしょうか。この場に及んで、どうしても気のゆるみが出てくるのでしょう。そうすると、一旦は収束の兆しが見えるのもつかの間、あっという間に感染者が再び増加する傾向が読み取れます。また、新生活様式に馴染まない人も出てきますが、どうか非難せずに冷静に対応・見守ることも大切と言えます。

 この新生活様式を実際の生活・暮らしにどう取り込んでいくのか、少し難しい気もしますが、今までの生活の全般を見直すいい機会になるよう努力していきたいものです。そして、自分だけではなく他人を守るためにも、必要なことはやっていくこと、またできそうなことは積極的に実践していくという気構えも大事になるでしょう。なかなかうまく溶け込めない人も出てきます。責めたり非難してはいけませんね。みんなで協力し合ってこの新型コロナに立ち向かっていくしかありません。そうすれば、お互いの生活の質を高め合うことにもなるというものです。

 いずれにしてもこれからの生活は、いろいろな意味で変化があり、大変な様相を呈することになりましょう。感染防止のための意識の涵養とそのための行動、社会経済活動の活発な実践、この両輪をうまく軌道にのせていくことができるかどうか、適度なバランスをとった方向に誘導することができるかどうか、この点は私たち一人ひとりに課せられた責務にもなります。これらのことを日々念頭に入れて少しずつ仕事を進めていくことにしましょう。。

 ykカウンセリング&心理相談室

   代表  山田 幸一

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamakou27.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/57

ページ上部へ