ホーム>スタッフブログ>令和観⑰
スタッフブログ

令和観⑰

 この夏は例年になく猛暑を感じました。あわせて新型コロナウイルスが蔓延しているさ中、新生活を余儀なくされ、にっちもさっちもいかなくなる自粛の日々を過ごしてきました。勿論、今もこれからも、多少は行動制限が解除されるとはいえ、目に見えないウイルスの蔓延と細かな影響にさらに気を配らざるを得ないのでしょう。しかたがありませんね。日本だけのことではないわけですから。全世界が同じ非常事態に遭遇・対峙しているわけですから。

 この間も、依然として新型コロナウイルスに関する情報が中心となって発せられています。コロナに関しては、「政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の感染状況の指標の判断~病床のひっ迫状況、療養者数など」「大規模イベントの参加制限人数は5千人を再延長」「世界の新型コロナ感染者数2千万人を突破、死者数は80万人超」「国内の感染者数5万人超、まさに今が第二波の真っただ中」、それに加えて今は、熱中症警戒アラートが東京・千葉・茨城に発令、今後は大型台風の襲来等々、二重苦・三重苦の不安や恐れ・苦痛が待ち構えています。

 さてこれからの新生活はどうなるのでしょうか。いつまで、どこまでこの自粛・制約生活がつづくのでしょうか。慣れてきたとはいえ、コロナ以前の長い平時の生活が懐かしくなるのみでしょうか。早く平時の生活を取り戻して、自由に、忌憚のないおおらかな生活を謳歌したいと、誰もが思い描くことでしょう。新生活で個人の、社会の、国の、世界のありようが変わってしまうのは、実に惜しいという思いがありますが、世の中が変われば考え方、思いの内容、行動の変容があるのは当然と言えばそれまででしょう。是非とも、子どもから大人・年配者に至るまで、生活が変わることのよさやありがたさを共有できる社会の実現に奔走していくことが、責務と思っています。自分の周辺で、身近なことに、平凡でありながら、小さなことの変化に臨機に対応できるように努力したいと考えます。

 相談室はいつでも、誰でも、問題や悩みを何とか少しでも解決したい人のために用意されています。コロナ感染防止とともに歩みながら、一歩一歩と着実に前進したいと思います

 YKカウンセリング&心理相談室

    代表    山田 幸一  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamakou27.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/60

ページ上部へ