ホーム>スタッフブログ>コロナ禍とともに⑯
スタッフブログ

コロナ禍とともに⑯

 3月も終わりに近づきました。忙しいこともありましたが、何とかブログにたどり着きました。よかったです、本当に。

  コロナに関しては、まん延重点措置を21日に解除し、現在に至っています。東京で一万人前後の感染者が出てけっして減っているとは言えませんね。警戒を怠らず、基本的な感染予防に引き続き努めていかなくてはなりません。もう慣れたと言えばそれまでですが、心身ともに十分、羽を伸ばしたい心境と言えます。

 同時に「ロシアのウクライナ進攻」で戦争が起こっています。多数の犠牲者、死者がでています。この時期になぜ・・・と思いますが、 ロシアは日本の自由・民主主義・人権尊重・命の尊さなどの理念に程遠い存在になったと言えます。恐ろしさを感じないわけにはいきません。「ロシアが日本との平和条約交渉を中断」「「ウクライナのゼレンスキー大統領が日本の国会でオンライン演説」「国連で対ロシア非難決議を採択」「ロシア軍がウクライナのザボリージャ原子力発電所を攻撃」「アメリカやイギリスがロシア原油を禁輸」「ウクライナが停戦協議で中立化の条件で自国の安全保証を提案」等々、ロシアはウクライナの主権と領土を奪おうとしている様子です。それにしても、何ら罪のない人々を死に追いやる戦争を正当化することができるはずもありませんね。悲惨さに思いを馳せることしかできないのは、情けない限りです。

 相談室では犯罪を犯した高校生が無事に卒業し、一年の浪人生活を経て国立大学に合格したり、やはり同じく高校を無事卒業したものの、希望校を目指して一浪して頑張る若者もいたり・・・それぞれの道にまい進しています。さらにはうつを患う社員、犯罪を犯し保釈中の中年の男性も、これからさらに自己肯定感を引っ提げて自分なりの道に向かっていこうとしています。そこを後押しするのが当相談室の役割になっています。皆さまのご健勝を祈念しております。

 YKカウンセリング&心理相談室

 代表      山田 幸一

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamakou27.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/80

ページ上部へ